2017/06/26

6/25遡上調査に行ってきました

170601170625shiwabrg
5月の連休以降、毎週のように降雨があったため水位が安定せず、遡上調査ができないでいた。6月中旬過ぎになってようやく水位が落ちてきたが、それでもまだ平水位に比べると約10cmほど高い。意を決して今期最後の遡上調査に出掛けてきた。
グラフは6月の紫波橋水位(国土交通省 水分・水質データベース)。

Dscn3100_2
なんと、水位の不安定さが逆に幸いしたのか、遡上を始めてからのペースが早かったようで、天然遡上ものはすでに盛岡近郊にまで達しており、その数も平年並み以上と推定された。ただし、そのサイズは上流ほど小さく、下流側、花巻市付近では充分釣りになるほどまで生育していると推察された。
上段の写真は盛岡市黒川の瀬の陸ナメ。密度はまずまずだがナメ跡はまだまだ小さい。

Dscn3119
下段写真は花巻市花巻南大橋下流の瀬のナメ。ナメ跡は黒光りしており、よく観察しないとそれとは判らないほどだ。
下流からの観察結果は以下のとおり。
観察地点       数 サイズ
花巻南大橋下流    多 中
花巻市銀河大橋上流  多 中
花巻市石鳥谷黒沼の瀬 少 中
矢巾町長徳橋下流   少 中
盛岡市黒川の瀬    中等量 小

2017/06/25

今シーズン中の北上川付近のイベント情報

今シーズン、北上川付近で開催される主なイベントを一覧表にしてみました。
釣行当日は増水や交通渋滞に気をつけましょう。
7月23日(日) 9:00~第41回盛岡・北上川ゴムボート川下り大会
8月06日(日)19:30~第56回北上みちのく芸能まつり「トロッコ流しと花火の夕べ」
8月10日(木) 19:30~奥州水沢の花火大会 水沢競馬場
8月11日(金) 19:25~盛岡花火の祭典 都南大橋下流
8月19日(土) 19:30〜イーハトーブフォーラム2017 光と音のページェント 花火ファンタジー 花巻市 朝日橋
8月13日(日) 19:30~第29回石鳥谷夢まつり 花巻市 大正橋公園  花巻商工会議所
8月27日(日)5:30~第12回北の大鮎バトル 盛岡市 南大橋 Dscn3087


2017/05/05

5/4今年第一回目の遡上調査に

行ってきた。4月17日と26日にまとまった降雨があったため、本流は増水からなかなか引かずにやっと平水比プラス30cmくらいまで引けてきた。グラフは盛岡市明治橋の水位表(国土交通省 水分・水質データベースより)。はじめ一関市日形の北上川橋上流を見て回ったもののナメ全く見当たらず。
宮城県登米市豊里の鴾波洗堰まで足を伸ばす。ここは宮城県北上川漁協がトラップを管理し、汲み上げた稚アユを放流用として各河川に配給している。トラップの中は僅かに20~30匹の稚アユが壁際をウロウロしているだけで、まだ本格的な遡上には至っていない模様。ここは最盛期ともなれば稚アユがこすれ合うほど密集して、ひと網1000匹ほども挙がる箇所。全体として今年の遡上は平年よりやや遅いと見られる。
170416170504meijibrg_3


Dscn2995_2


2017/04/23

4/22今年の石割り桜は

昨年より5日遅く20日に満開を迎えた。ここ4〜5年は花数が少なくて寂しい思いをしていたが今年は平年並みに回復して咲き誇っている。この日を堺に僕のモチベーションも一気に開花しアユの準備へと傾斜する。Dscn2934_2


2016/09/19

9/17北上川最終釣行

9/15頃からようやく(約4週間ぶりに)濁りが引けた。当日は平水比20cm増だが濁り無し。北上川はもうそろそろシーズンも終わろうかという時期になった。花巻南大橋下流でガラにてオトリ取りをしたが、40分振ってようやく20cmが1匹取れた。同場所で1時間泳がせるも野アユからの反応はゼロ。釜石線鉄橋に移動してガンガン瀬を泳がすも19cmが1匹のみ。鉄橋上流の鏡は平水以下の時は殆ど流れがないのだが、今日は深トロと終盤にはちょうどよい流れだ。さんざん泳がすも21cmが2匹追加するにとどまる。大型アユはすでに落ちにかかったようだ。
8:00~8:40花巻南大橋下流でガラ1匹20cm
9:00~10:00花巻南大橋下流0匹
11:00~15:30釜石線鉄橋3匹19〜21cm

2016/09/13

9/11桧木内川まだ若い

クラブ仲間のY氏と秋田県へ釣行。平水比15cm増だが、水清く苔もしっかり付いている。藤枝オトリで囮鮎と日釣り券を求め、手近なところでと鵜ノ崎橋に入川する。見る間に釣り人が増え、見渡す範囲で約40人か。堰堤下の平瀬では追いの気配全くなく、橋のしものザラ瀬とトイ状の流れでのみ掛かった。14匹のうち10匹は14〜16cmとあまりに小さく、遅くに遡上した天然モノと思われる。あとの4匹は22cmと、測ったようなサイズでこちらは放流モノか。
午後からはサイズの揃った放流モノを狙って、上流門屋橋下流に入る。こちらは鮎が極端に少ないのか2時間やってたったの1匹だった。午前午後ともにサビた鮎は一匹もなくまだまだ若いと見た。
9:30~13:00鵜ノ崎橋14匹14〜22cm
14:00~16:00門屋橋下流1匹23cm
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

2016/09/06

9/4米代川白っ川で惨敗

8月17日以降北上川の濁水が引けないまま9月に入ってしまった。今回はM氏と米代川上流部へと釣行。十和田インターを降り、米代オトリで種鮎を仕入れた後、神田橋から川を覗いたところ、一面の白っ川で、苔がない。これは厳しい釣りになるぞと思いながら錦木橋上流に入川す。対岸の深瀬では全く触りもせず、僅かに下流の浅い岩盤の中の黒い石が並んだ筋に入れたら21~22cmクラスが5連チャンで来た。その後、久保田橋、小坂川へと右往左往したが、小坂川の深場で24cmを1匹と、17~20cm2匹の追加に終わる。最後に入った熊沢川八幡平小学校裏も苔がなく空振りに終わる。釣りのあとは五の宮温泉で汗を流して帰路についた。
8:30~10:00米代川錦木橋上流6匹21~22cm
11:00~12:00米代川久保田橋下流0匹
13:00~14:30小坂川3匹17~24cm
15:30~16:30熊沢川最下流0匹

2016/08/18

8/15シーズンハイ27cm

160815asahioobrgchouka
兼ねて注目していた昭和橋下流500mの瀬に入る。二子町の畑から藪漕ぎわずか60mと思って入ったのが甘かった。まさしく熊笹と茨の道で川に降りるまで60mを20分もかかってしまった。岸には多数のナメが見られて、釣趣を掻き立てる。だがしかし、元気な囮を入れ、あれこれ技術を凝らしてみるも、一度ケラれでウロコが掛かってきたのみで、その後は野アユからの便りなし。3人組がサッパ船にて上流から訪れ、これからガラを始めるという。潔くと言うか、これ幸いと釣り場を明け渡して早々に引き上げる。帰りはこれまた登りにて、熊笹に体のあちこちを突かれながらの藪漕ぎでまた20分も要した。タイツにはかぎ裂きが多数。ここには徒歩にてはもう来ません(きっぱり)。
次いで訪れたのが朝日大橋右岸側。左岸側には胸まで浸かっている釣り人が2名いるが、川幅は十分広いため、邪魔にはならず、挨拶して入る。荒瀬の下流、深瀬では22〜23cmの中型が僅かに3匹。橋直下に移動してガンガン瀬に入れたら、24cm級が3匹立て続けに襲ってきた。160815kamaishisenchouka
最後は四たび釜石線鉄橋を訪れる。先釣者が鉄橋下流側にいたので、今回は鉄橋直下から始める。青ノロが絡みつきやすく、囮をポイントにキープするのが大変。橋直下の流芯に誘導したら一発で良型が追った。幸い野アユは下流に走ることなく、自ら寄ってきたので頃合いを見て返し抜きで仕留めたら27cmあった。少しポイントをずらしてまた流芯を狙って都合3回良型を抜く。その後は徐々に下りながら4匹追加する。
10:00~11:00北上市昭和橋下流カーブ0匹
12:00~13:30花巻市朝日大橋6匹21~24.5cm
14:30~16:30釜石線鉄橋7匹23.5~27cm
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村


2016/08/15

8/14の釣果

160814kyuunakagawara朝ゆっくりと起床し9時に自宅を出発する。疲労が蓄積したので遠出を控え、盛岡近郊での釣りとする。はじめ黒川の瀬を訪ねたが、左岸側に2名、右岸側に2名の計4名の先行者がいたので遠慮して竿出しは控える。次に向かったのが長徳橋上流の岩盤瀬。囮の泳ぎは活発だがなぜか野アユからの反応は全く無く、1時間で切り上げる。本日最後のポイントは昨日良い思いをした旧中川原終末処理場対岸の荒瀬。幸い先釣者がおらず、また一人でこのポイントを独り占めできた。最新の注意を払って消波ブロックを降りる。瀬の頭の鏡にてまず2匹の野アユを確保し、いよいよ荒瀬を攻略す。だが昨日と違って野アユからの反応は薄く、3時間で12匹に終わる。
10:30~11:30長徳橋上流0匹
13:00~16:00旧中川原終末処理場対岸12匹22.5~25.5cm
160814kyuunakagawarachouka

2016/08/14

8/13釣果

160813kamaishisenchouka
朝5時半に自宅を出発。みたび釜石線鉄橋にて竿を出す。今期の天然遡上物は明らかに少なく、野アユの補充が充分でないためか11日に釣ったあとのポイントに囮を入れても反応は少ない。粘ってやっと12匹に終わる。午後は井戸向橋下流を訪れるが、音無しの構えで30分で切り上げる。最後の頼みと盛岡の南大橋下流最南端、旧中川原終末処理場対岸を訪問。消波ブロックがうず高く積み上げられているので、川に入るのに足を踏み外さないよう十分用心して下りる。ここは今まで誰も入った形跡なく、ほとんど入れ掛かりに近い状態で、2時間で15匹獲った。
6:45~11:30花巻市釜石線鉄橋下流12匹23~25.5cm
13:00~13:30花巻市石鳥谷町井戸向橋下流0匹
15:00~17:00盛岡市旧中川原終末処理場対岸15匹22~25cm160813kyuunakagawarachouka

«8/11再び花巻にて