« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016/08/18

8/15シーズンハイ27cm

160815asahioobrgchouka
兼ねて注目していた昭和橋下流500mの瀬に入る。二子町の畑から藪漕ぎわずか60mと思って入ったのが甘かった。まさしく熊笹と茨の道で川に降りるまで60mを20分もかかってしまった。岸には多数のナメが見られて、釣趣を掻き立てる。だがしかし、元気な囮を入れ、あれこれ技術を凝らしてみるも、一度ケラれでウロコが掛かってきたのみで、その後は野アユからの便りなし。3人組がサッパ船にて上流から訪れ、これからガラを始めるという。潔くと言うか、これ幸いと釣り場を明け渡して早々に引き上げる。帰りはこれまた登りにて、熊笹に体のあちこちを突かれながらの藪漕ぎでまた20分も要した。タイツにはかぎ裂きが多数。ここには徒歩にてはもう来ません(きっぱり)。
次いで訪れたのが朝日大橋右岸側。左岸側には胸まで浸かっている釣り人が2名いるが、川幅は十分広いため、邪魔にはならず、挨拶して入る。荒瀬の下流、深瀬では22〜23cmの中型が僅かに3匹。橋直下に移動してガンガン瀬に入れたら、24cm級が3匹立て続けに襲ってきた。160815kamaishisenchouka
最後は四たび釜石線鉄橋を訪れる。先釣者が鉄橋下流側にいたので、今回は鉄橋直下から始める。青ノロが絡みつきやすく、囮をポイントにキープするのが大変。橋直下の流芯に誘導したら一発で良型が追った。幸い野アユは下流に走ることなく、自ら寄ってきたので頃合いを見て返し抜きで仕留めたら27cmあった。少しポイントをずらしてまた流芯を狙って都合3回良型を抜く。その後は徐々に下りながら4匹追加する。
10:00~11:00北上市昭和橋下流カーブ0匹
12:00~13:30花巻市朝日大橋6匹21~24.5cm
14:30~16:30釜石線鉄橋7匹23.5~27cm
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村


2016/08/15

8/14の釣果

160814kyuunakagawara朝ゆっくりと起床し9時に自宅を出発する。疲労が蓄積したので遠出を控え、盛岡近郊での釣りとする。はじめ黒川の瀬を訪ねたが、左岸側に2名、右岸側に2名の計4名の先行者がいたので遠慮して竿出しは控える。次に向かったのが長徳橋上流の岩盤瀬。囮の泳ぎは活発だがなぜか野アユからの反応は全く無く、1時間で切り上げる。本日最後のポイントは昨日良い思いをした旧中川原終末処理場対岸の荒瀬。幸い先釣者がおらず、また一人でこのポイントを独り占めできた。最新の注意を払って消波ブロックを降りる。瀬の頭の鏡にてまず2匹の野アユを確保し、いよいよ荒瀬を攻略す。だが昨日と違って野アユからの反応は薄く、3時間で12匹に終わる。
10:30~11:30長徳橋上流0匹
13:00~16:00旧中川原終末処理場対岸12匹22.5~25.5cm
160814kyuunakagawarachouka

2016/08/14

8/13釣果

160813kamaishisenchouka
朝5時半に自宅を出発。みたび釜石線鉄橋にて竿を出す。今期の天然遡上物は明らかに少なく、野アユの補充が充分でないためか11日に釣ったあとのポイントに囮を入れても反応は少ない。粘ってやっと12匹に終わる。午後は井戸向橋下流を訪れるが、音無しの構えで30分で切り上げる。最後の頼みと盛岡の南大橋下流最南端、旧中川原終末処理場対岸を訪問。消波ブロックがうず高く積み上げられているので、川に入るのに足を踏み外さないよう十分用心して下りる。ここは今まで誰も入った形跡なく、ほとんど入れ掛かりに近い状態で、2時間で15匹獲った。
6:45~11:30花巻市釜石線鉄橋下流12匹23~25.5cm
13:00~13:30花巻市石鳥谷町井戸向橋下流0匹
15:00~17:00盛岡市旧中川原終末処理場対岸15匹22~25cm160813kyuunakagawarachouka

2016/08/12

8/11再び花巻にて

160811kamaishiinebrg6時に自宅を出発。盛岡市内で囮を買い求め、高速道を南下、花巻空港インターで降りる。今日も平水だが濁りはだいぶ引き、いつもの笹濁り程度となっている。写真は右岸から釜石線鉄橋下流のガンガン瀬。対岸は胡四王山で、宮沢賢治記念館などがある。さて、はじめの囮1匹目は開始10分で流れに沈んだ縄に絡み、回収しに行って絡みを解いているうちに水中糸が切れて放流す。残った虎の子の囮を浅場でだましだまし泳がし、40分目で最初の1匹を仕留めた。その後は野アユを掛けながら徐々に流芯を目指す。ここの荒瀬は凹凸の激しい岩盤で歩を進めるのも退くのも非常に時間がかかり、野アユを掛けても自分が岸際に退いて寄せるなど不可能。少しは流れの弱い方に竿で寄せることはするが、その後は返し抜きしか獲る方法がない。8/7に使ったがまパワスペ引抜き荒瀬では底バレが多かったので、今回は一段柔らか目の引抜き急瀬を使ったところ底バレはかなり減った。8/7と比べるとアユのサイズは明らかに一回り大きくなっていて、1/3は25cm以上、最大は26cmが2本出た。160811hanamakichouka_2
8:00~13:00花巻市釜石線鉄橋19匹22〜26cm
14:30~15:30花巻南大橋下流2匹21~22cm

2016/08/08

8/7やっぱり居た居た花巻市に

午前7時に自宅を出発、北上市に行こうか花巻市に行こうか迷った挙句、手近の花巻空港インターで高速を降り、JR釜石線鉄橋下へと到着。今期誰も入った形跡なく、ヤブを漕ぎ漕ぎ川に入る。160807kamaishisentekkyou_2ここは午前は太陽を浴びながらの釣りになるが、幸い対岸に胡四王山が迫っており、さほど眩しさは感じない。また、西風が強くとも対岸の山のおかげで風の影響は殆ど受けない(南風の時は辛いです)。今日も平水だが、昨日と同様ぎりぎりの濁りが残っていた。遡上が少ない年は1級ポイントにしかいないとの経験通り、ここの荒瀬は野アユの宝庫。居るところに入れさえすれば必ず追うという目の覚めるような当たりで、次々と掛かる。だが北上川鮎持ち前の力強い引きで、5連続底バラシなど身切れ多くて、掛けた鮎の半分しか獲れなかった。160807kamaishisenchouka
午後は偵察も兼ねて、中央橋下流、井戸向橋下流を流してみたが1匹も釣れなかった。
8:30~12:30花巻市釜石線鉄橋下22匹22〜25cm
14:00~14:30中央橋下流0匹
15:30~16:30井戸向橋下流0匹


2016/08/07

8/6の釣果

午後再び南大橋下流にて遊ぶ。8月2日の土砂降りのあと、ようやく平水に戻ったが、濁りはなかなか引けず友釣りにはぎりぎりの濁りが残っていた。あちこち攻めたが、やや深いさざ波の流れでしか掛からなかった。
15:00~17:00南大橋下流ジョイス本部裏6匹22〜23.5cm

8/1の釣果

朝の仕事前に南大橋下流で遊ぶ。7時半まで30分間野鮎からの反応無く、諦めかけた頃に23cmが掛かった。囮を替えた途端こうも違うのかと思うほど次々と掛かり、21〜23cmが計5匹取れた。
7:00~8:00南大橋下流ジョイス本部裏5匹21〜23cm

7/31の釣果

気仙川にて岩手県釣り団体協議会の大会に参戦。小坪橋上流に陣取り釣り開始するも追いが芳しく無く、はじめの1時間は全く触りもしない。もう諦めかけた頃にやっと23cmクラスが1匹掛かる。これを元手にしてさんざん泳がすも11時半までに僅かに5匹の釣果。優勝から3位までは小型ながらどこでこんなに釣るのだろうかというほど30匹以上をマークしている。午後は金成橋下流にて遊ぶも15cmが一匹のみ。
7:00~11:30小坪橋上流5匹17〜23cm
13:30~15:30金成橋下流1匹15cm

2016/08/03

7/30の釣果

再びカオス氏と釣行。今期初めて北上川県南部へ遠征す。160730kitakamicleancenter_3

はじめ北上市のクリーンセンター対岸に入川する。程よい減水で陸ナメも相当数あり、期待に胸が高鳴る。しかし実際竿を入れてみるとほとんど野鮎からは音信不通で、20cmが1匹のみ。写真で左手に見える煙は三菱製紙工場。
次の移動先は奥州市鵜ノ木の深瀬。ナメなく鮎からの反応もなし。
3番めは小谷木橋下流の3段瀬。ナメ少なく釣れたのは16cmの小鮎が1匹のみ。
最後に訪れたのは、花巻南大橋下流の瀬。カオス氏がヨレヨレの囮で掛けた22cmを無理を言って借りたら、流芯で立て続けに3匹取れた。
今日の釣行から見えてきたこと。天然遡上鮎の分布は北上市〜花巻市に集中し、それより上流、盛岡市側では釣りになるほど数がいない。また、それより下流奥州市側は遅れて遡上した小鮎ばかりのようだ。
160730hanamakiminami_2
7:30~9:00北上市のクリーンセンター対岸1匹20cm
10:00~10:30奥州市鵜ノ木0匹
11:00~13:00奥州市小谷木橋下流1匹16cm
14:30~16:30花巻南大橋下流の瀬3匹22~24cm


« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »