« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017/08/10

8/5~8/6の釣果

170806meijibrgsuii_2
8月5日(土)、午後、仕事終了後にMY氏と北上川に向かう。本流は7/23の豪雨による約3mの増水が尾を引き、濁りはないもののまだ20〜30cmの高水位だ。垢付きも不十分にて歩くたびに川底がガサガサ音を立てる。追いも極端に少なくて僅かに5匹の釣果。サイズも7月中旬から殆ど成長が見られない。
グラフは明治橋水位表(国土交通省水分水質データベース)。
14:30~17:00 北上川南大橋下流左岸側5匹 19~21cm

Dscn3184
8月6日(日)、花巻市まで足を運ぶ。前日と同様水位は20cmほど高いが、盛岡市内と比較すると、垢は水勢の弱いところや石裏のヨレにはまずまずの厚さで付いている。はじめに入った朝日橋上流は川の中央に立ち込み、右岸側の波立ちを泳がす。すぐに当たりが来て連続して釣れるが後が続かない。今回もアユの密度が例年と比べても少ない印象を受けた。
8:00~10:00 北上川花巻市朝日橋上流 9匹 20~22cm

Dscn3190
本日2つ目のポイントは言わずと知れた釜石線鉄橋。高水位のため荒瀬の流芯までの立ち込みは無理なため、はじめ鉄橋上流の鏡で竿を出す。底の岩盤に近い色の白っぽいアユが忘れた頃に掛かるも後が続かず、5匹獲ったところで下流側に移動する。鉄橋すぐ下流の、竿が橋桁に届きそうな位置に陣取り、大石裏のヨレに入れたらすかざす追ってきた。ここでほとんど移動なしに連続8匹挙げる。サイズはこの川の8月には似つかわしくなく、23cm止まりだった。
11:00~14:00 北上川花巻市釜石線鉄橋 13匹 20~23cm

昼食後、お遊びにて朝日大橋下流の激流に入るが、水位が高いため立ち込みままならず、1匹獲ったのみであえなく撤退。
16:00~16: 30 北上川花巻市朝日大橋下流 1匹 23cm

2017/08/08

7/30~8/3の釣果

7月30日(日)、この一週間、盛岡近郊は7月22日〜23日に掛けての増水で釣りできる川はなかった。折角の日曜日、甲子川はできそうだとの判断のもと、釜石市に出かける。 ついてみると川は平水だが、川の規模に対して釣り人の数が多すぎるほどの混雑ぶり。追いも極端に渋く、僅かにやや深みの所でのみ掛かった。アユも小型が殆どで、20cmを超えたのは1匹のみ。
8:00~16:00 釜石市甲子川釜石高校下流9匹 16~22cm

8月2日(水)、北上川本流は未だに増水から回復せず、やむなく支流の簗川に向かう。増水引き際でまだ垢付き薄く2時間で3匹。オトリ継ぎはなんとか出来たと考えよう。
6:00~8:00 簗川田の沢橋上流3匹 19~20cm

8月3日(木)、午後時間が取れたので、再び簗川へと繰り出す。水況は昨日と殆ど変わらず、垢も薄い。午後釣ったアユにもかかわらず、帰ったあと糞出しをしても僅かしか出ない。
15:00~18:30 簗川川目橋上流7匹18~20cm


7/22~7/23の釣果

7月22日(土)、16日の降雨による赤濁り増水も一段落したので南大橋下流右岸側に向かう。釣り始めた頃からまたもや雨が降り始め、1時間過ぎた頃には立ち込みもままならず、 失意のうちに釣りを終える。
8:00~9:00 北上川南大橋下流5匹 20~22cm

7月23日(日)、昨日から降り始めた雨は夜半に入り土砂降りとなり、県内全域釣れる川はないと判断し、比較的降雨が少なかったとみられる山形県へとむかう。朝日町の最上川本流は約30cmの増水で笹濁りだったが、次第に水嵩が増してきている。竿を出すことかなわずと、一転宮城県へと引き返す。白石川はほぼ平水にて午後遅くから釣り始めた。追いは芳しく無く2時間半で小型が7匹に終わる.
盛岡に帰ってみたら、北上川本流は一時3m近い増水にて、毎年恒例の北上川ゴムボート下り大会も中止のやむなきに至った模様。
14:00~16:30 宮城県白石川コカ・コーラ裏7匹 16~19cm

« 2017年7月 | トップページ