フォト

ぞっこん!北上川の大アユ

もりおか・鮎の川基金

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 7/14~16釣果 | トップページ | 7/28~29の釣果 »

2018/07/24

7/21北上川花巻地区釣れない

7/21釣友M氏と今季初めて北上川花巻地区に向かう。
夏場の平水比+20cmの高水、澄み。
天然遡上の数は少なく、型も小さいとシーズン前の調査で判明していたが、
確認のためと敢えて出撃した。
はじめに訪れた花巻南大橋下流では、6月の調査時と比較して明らかに陸ナメが少なくなっており、
生息数が釣りをするほどの数に達していないことが見て取れた。
1時間あれこれとオトリを泳がすも、なんの反応も得られなかった。早々に退散する。

次の朝日大橋下流では、陸ナメはある程度見られたので結構釣りになるかと思ったものの、
石裏で15cmと17cmが掛かったのみ。
あとは川からの音信も梨の礫。

Dscn4107
最後の頼みは釜石線鉄橋。
右岸側農道脇に車を停め、
鉄橋下のヤブを切り開きながら川へと入った。
ここは増水時は流れが強すぎて危険なのだが、
あえて入川した。
案の定、立ち込みが制限されて、
流芯までオトリを入れられない。
竿を出してみると
底石はアカが飛んでいるにもかかわらず、
青ノロだけは大繁殖していて、
糸や鼻環に酷くまつわりつく。
結果、わずかに石裏のアカ飛びのないところで
17cmと22cmを掛けたのみ。


Dscn4104
やはり遡上数は2003年以来と言っていいほど少ないようだ。
型に関しては、
小型と、ある程度の(22cm)2種類が見られたので、
水位が下がった後、ある程度立ち込みが可能となり、
一級の流芯まで竿が届くようになってからが勝負と見た。
7:30~8:30 北上川 花巻南大橋下流 0匹
9:00~10:00 同上 朝日大橋下流 15~17cm 2匹
11:00~13:00 同上 釜石線鉄橋 17~22cm 2匹


« 7/14~16釣果 | トップページ | 7/28~29の釣果 »

2018アユ釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/21北上川花巻地区釣れない:

« 7/14~16釣果 | トップページ | 7/28~29の釣果 »