フォト

ぞっこん!北上川の大アユ

もりおか・鮎の川基金

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 7/21北上川花巻地区釣れない | トップページ | 8/5北上川奥州地区鮎いない »

2018/07/31

7/28~29の釣果

7月29日 閉伊川にて行われた岩手県釣り団体協議会の鮎釣り大会に参加した。減水。
はじめ蕨沢上流に入った。水温はこの川にしては朝のうちから結構高く、期待を持って望んだが、大石裏にてわずかに2匹しか掛らず。これ以上粘ってもラチがあかないとこのポイントを撤収する。
次に腹帯の放水口下流へと入った。ここでは瀬脇で小型が3匹の貧果に終わりタイムアップ。
優勝者は蕨沢下流へと入ったO氏がオトリ込み34匹だったそうな。僕が最初に入ったポイントからは3〜400mしか離れていなかった。
7:00~9:00 閉伊川 蕨澤上流 18~21cm 2匹
10:00~12:00 同上 腹帯放水口下流 16~17cm 3匹

7月28日 M氏と釣行。北上川も釣れないし、行く川に迷った挙げ句、県北の馬淵川へと向かった。
最初に訪れたのは、上馬淵川の一戸南小学校下流。減水。
地元のおじさんに聞いたところ、「今年は解禁から鮎がいない、一日やって2〜3匹がいいところ」とのこと。
なるほど川の石は一面くすんで鮎の気配が全く感じられなかった。
M氏と相談の上、取り敢えず1時間はやってみようと竿を出したが、言われたとおり、川からの反応はゼロだった。


Dscn4168
しからばと、二戸市の南部馬淵川へと、大転進。
川原橋付近で川を見ていると、川に入っている釣り師がたったの一人だけ。
地元の釣り人が言うには「午後からでないと釣れません」とのこと。
夕方から盛岡で予定が入っており、2時にはあがらないとということで、
釣れなくともしょうがないと川に入る。
引き回したオトリ鮎に再び登場願ったら、10分ほどで野鮎が掛かった。
しかも22cmのこの時期としては良型。
それからは飽きない間隔で同型が掛かってきた。
終わってみれば、良型ばかり14匹。
昼過ぎから地元の釣り師たちが4人5人と現れた。
もう少し時間がほしいと後ろ髪を引かれる思いを残しながら、1時半に早上がり。
写真は川原橋上流の瀬
7:30~8:30 上馬淵川 一戸南小学校 0匹
10:00~13:30 南部馬淵川 川原橋上流 19~22cm 14匹

« 7/21北上川花巻地区釣れない | トップページ | 8/5北上川奥州地区鮎いない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603738/67006939

この記事へのトラックバック一覧です: 7/28~29の釣果:

« 7/21北上川花巻地区釣れない | トップページ | 8/5北上川奥州地区鮎いない »