フォト

ぞっこん!北上川の大アユ

もりおか・鮎の川基金

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/28

8/25 強風下の閉伊川

Dscn4589
気分一新と閉伊川へと向かう。晴れ、平水。
今回は僕にとってあまり馴染みのなかった涸れ川に入ってみた。
涸れ川に入ったのは、かれこれ12〜3年ぶりくらいか。
朝イチに入った川井大橋下流では、
トロで魚が盛んに身を翻していたものの、
追いはほとんどなく、
わずかに2匹が交通事故で掛かったのみ。
早々に退散する。
写真は川井大橋下流。

次に入った袰岩では、アユの気配が全く無く、
ここもほうほうの体で見切りをつける。

3箇所目の三ツ石橋下では
ポイントに降りた途端に強烈な西風が吹き出してきて、
8.5mの竿でも持ちこたえているのがやっとの状態。
鮎の気配はまずまずで、時折野アユ同士の追い合いも見かける。
だが、オトリを入れても反応は薄く、2時間半で8匹を捕るに留まった。

最後は朝一番に入ったポイントに戻り竿を出したが、野アユからの反応はゼロだった。

帰りの車中では、強風下で竿を支え続けていたせいか、腕の筋肉がパンパンに凝っていた。

8:00~9:30 川井大橋下流 16~19cm 2匹
10:00~11:00 袰岩 0匹
11:30~14:00 三ツ石橋下 16~21cm 8匹
14:30~15:00 川井大橋下流 0匹

2018/08/27

8/22朝、中津川でオトリ継ぎ

8月15日に馬淵川で釣った野アユを2匹持ち帰り、毎日水替えをして自宅で飼っていたらまだ生きていた。
もう一週間になるので、本日あたりが限界と、早起きして近くの中津川に入川する。
はじめの30分は反応なく、オトリがヨレヨレになってきた。
0.8号のオモリをつけ、ややゆるい流れに留め置いていたら、やっと野アユが掛かってきた。
散々引き回したオトリはそっとリリースする。
その後は飽きない間隔で釣れ、計5匹を獲った。

6:00~8:00 中津川中津川橋 18~22cm 5匹

2018/08/23

8/15 馬淵川昼から雷雨で強制終了

盆釣行後半は、みたび馬淵川へと向かう。
午前中はあまり追いが良くないことはわかっているので、
焦らずじっくり構えて、オトリアユが弱らずに交換できるよう
ややゆるい流れを中心に狙うように心がける。
それでもまあまあのリズムで午前中に9匹を揃えることができ、上々の滑り出しだった。
さあ、午後の釣りを始めようとしたところで、
にわかに空がかき曇り、雷鳴が徐々に近くなってきた。
竿を一旦置き、やり過ごそうとしていたところ、
雷がバリバリドドーンと近くに落ち、同時にバケツを返したような土砂降りが始まった。
雨は約30分で収まったものの、川は次第に水位と濁りを増し、釣り再開は不可能となった。

9:00~11:30 馬淵川石切所 20~23cm 9匹

2018/08/22

8/14北上川花巻地区今回もアユいない

Dscn4209
今シーズンは北上川の天然遡上が2003年以来の少なさとおおよそ判明していたが、
それでも諦めきれず今日が最後と北上川に向かう。
花巻地区はナメわずかに見られたが、
豊沢川からの放流物がはぐれ下った可能性が強く、
純天然物は数える程もいないだろうことは容易に理解できた。
釜石線鉄橋上下で竿を出しては見たものの、
やはりというか、一日やって24cm級が3匹の、
トホホな結果となってしまった。

10:00~14:00 北上川釜石線鉄橋 24~24.5cm 3匹


2018/08/21

8/12安比川貧果に終わる

Dscn4200
単独釣行。安比川は減水。五日市橋上流に陣取る。
すぐ上を八戸高速道の高架橋が通る(写真)。
山間地域にもかかわらず、
今シーズンは思いの外アブの攻撃はとても少なくて、
釣りに集中できそうだ。
だが、石のナメはあまり見られず、
一見してアユが少ないことが見て取れる。
最初の1匹目はすぐ来たが、
その後は同じ場所にはアユの気配なく、
足で移動を繰り返しながらオトリを入れていく。
荒い筋からしか野アユの反応がなく、
やはり野アユの密度が少ないようだ。

8:30~14:00 安比川五日市橋上流 18~22cm 8匹

2018/08/20

8/11馬淵川の釣果

Dscn4195
カオス氏と馬淵川へ向かう。
やや減水。
はじめ二戸パークホテル裏の瀬に入ったものの、ナメほとんどなし。
一応竿を出しては見たものの、お互い2時間アタリ無し。
写真は二戸パークホテル裏の瀬。


石切所へと転戦したところで、カオス氏が2匹立て続けに取り込んだ。
カオス氏の野アユを1匹分けてもらい、
その後はポツリポツリと20〜23cmの良型を釣り上げる。
なんとか釣りにはなった。
8:30~10:30 二戸パークホテル裏 0匹
11:00~15:30 石切所 20~23cm 17匹 


2018/08/08

8/5北上川奥州地区鮎いない

朝早くに先週やや良い思いをした二戸市に向かったが、
途中の岩手町に差し掛かったところで土砂降りに見舞われ、
これ以上、北に向かうのは更に雨脚が強くなりそうと判断した。
一転、南へと進路変更して奥州市まで南下す。
こちらは薄曇りでしばらくは降りそうにない。小谷木橋下流の北上川は減水。
川原へ出てみると陸ナメなし、水中の石も全て苔が厚く覆っており鮎の気配全くなし。
せっかく来たのだからと1時間オトリをあれこれ泳がすも、僕の腕では反応する鮎はいなかった。
帰路、北上川は北上市付近から上流は赤濁りとなっていた。
今日は往復250キロただドライブしただけとなった。
9:00~10:00 北上川 奥州市小谷木橋下流 0匹

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »