フォト

ぞっこん!北上川の大アユ

もりおか・鮎の川基金

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 8/26 夏しぐれに凍えた雫石川 | トップページ

2018/09/05

9/2 岩泉町小本川でボッテリアユ

Dscn4597
2016年8月末の台風10号から丸2年経った小本川に向かう。
小本川はオトリアユ調達に不安があったため
(数年前にオトリアユ置いてないことがあった)、
閉伊川の片巣に立ち寄ってオトリを仕入れ、
茂市から北進40キロと大回りをして9時現地着となった。
小川地区は川相全く変わり、
大部分が小砂利底になって、いたるところ重機が入っていた。
二升石付近から下流では岩盤が露出していたところも多く、
なんとか釣りになりそう。

はじめ二升石橋下流のカーブから釣り始めた。
ここは以前、右岸側は木の枝が多数覆いかぶさり、
左岸側は川面までヤブで、竿を出しにくいところだったが、
今は、川幅いっぱいに大岩ゴロゴロの川相で釣趣満点。
追いは程々にあったが、底バレ・空中バラシなど多発で、4匹のみ獲った。

次に入ったのが尼額橋上流。
以前は岩盤底が連なり、大型アユがよく棲み着いていたところだったが、
ほとんどが砂利で埋まり、わずかに短い瀬が残っているのみとなっていた。
やや下流側の短い急瀬にオトリを送り込んだところ、すぐに来た。
ここでも底バレ・空中バラシ多く、その後は忘れた頃に掛かる程度だった。

全般に数は少ないとみたが、掛かりアユは体高と幅が素晴らしく、
体長の割に重量感ズッシリで小本アユの特徴がよく出ていた。
来年以降が楽しみだ。
写真は一日の釣果。

9:30~11:30 小本川二升石橋下流 20~23.5cm 4匹 
12:30~16:00 小本川尼額 21~23.5cm 4匹

« 8/26 夏しぐれに凍えた雫石川 | トップページ

2018アユ釣り」カテゴリの記事

コメント

めのどくさん、久しぶりです。良く太ったっ良質の鮎ですね。北上川も支流から鮎が落ちて来ないと居ませんか、最上川なんてまったく鮎がいません。不完全燃焼なので、球磨川に行って来ました。まったく東北と大鮎のレベルが違いますね。来年も行こうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603738/67133988

この記事へのトラックバック一覧です: 9/2 岩泉町小本川でボッテリアユ:

« 8/26 夏しぐれに凍えた雫石川 | トップページ